コンフォーマルコーティングをするメリットとは?

歯車

スマートフォンやPCなどの電子機器の基板によく使用されている、コンフォーマルコーティング剤。しかし、コンフォーマルコーティングすることによって、具体的にはどのようなメリットがあるのか、よくわかっていないという方も、多いのではないでしょうか。そこで、コンフォーマルコーティングをする事によってどんなメリットがあり、どのような効果を得られるのかについて、ご紹介致します。
スマートフォンなどの電子機器によく使用されているコンフォーマルコーティングは、大抵の場合フッ素コーティングです。フッ素コーティングの大きなメリットはやはり、薄く塗布しただけでも高い防湿効果や、耐酸性があるという点です。
あまり厚く塗りすぎると基板の重量が重くなってしまいますが、フッ素系のコンフォーマルコーティング剤の場合はその心配もなく、薄い皮膜でも十分に湿気から基板を保護してくれます。
電子機器の基板にとって、湿気というのは天敵であるため、きちんと保護する必要があります。コンフォーマルコーティング剤を塗っておけば、裸の状態の基板よりはずっと湿度に対して強くなりますし、コンフォーマルコーティングというのは、非常に重要なものなのです。また、フッ素系のコーティング剤は引火性が無いので安全に使用できますし、粘度が低く、低臭気で使用しやすいというメリットもあります。

電子機器などにコンフォーマルコーティングを施すとどうなるのか

基板や電子機器などの精密機械は、水がかかっただけで壊れてしまうことも多いものです。そんな電子機器を守るためにしておきたいことが、フッ素コーティングです。水や油、汚れなどから金属などの素材を守るフッ素コーティングを施しておけば、水がかかったことが原因で起きる故障や不具合の抑制に繋がります。そんなフッ素コーティングを行う際に、注目をしておいて損がないのがコンフォーマルコーティングができるコーティング剤です。
電子機器などは、直接水がかかった場合だけでなく、高温多湿など湿度が高い環境に置いておいた場合も、故障などの不具合を起こしやすいものです。そんな環境からもしっかりと基板や電子機器を守りたい、湿度で悩まされることなく快適に機材を使っていきたいという場合は、コンフォーマルコーティングができるコーティング剤を選んでおいて損がありません。
そんなコンフォーマルコーティング剤が活躍する素材の一つが、木材です。湿度の高さが劣化の原因となることも多い建築用の材木は、保管前にコンフォーマルコーティングをしておくことによって、湿度などに左右されることなく良い状態を保てるようになります。そのため、コンフォーマルコーティング剤は製材や建築などの現場でも欠かせない存在となっています。

コンフォーマルコーティング剤はフッ素系がおすすめ

梅雨を中心に湿度が高いことで知られる日本ですが、スマートフォンやパソコンなどの電子機器には、湿気は大敵です。そのため、スマホなどの機器にある実装基板には、コンフォーマルコーティング剤が使用されるのが、一般的なのです。コンフォーマルコーティング剤というのは、その名の通り湿気から基板を守るために防湿効果のあるコーティング剤のことで、これを使用するのとしないのとでは、湿気に対する強さが全く異なってくるという、非常に重要なものです。
そんなコンフォーマルコーティング剤には、実はいくつかの種類があります。そして、いくつか種類のあるコンフォーマルコーティング剤の中でも特におすすめなのが、フッ素コーティングです。
というのも、フッ素系のコンフォーマルコーティング剤には、他のタイプのコンフォーマルコーティング剤にはない、様々なメリットがあるからです。たとえば、同じ膜厚でも、他のコンフォーマルコーティング剤の数倍の防湿効果・耐久性がでるため、本当に薄く塗るだけで高い効果を期待できるのが、フッ素コーティング剤の大きなメリットです。また、フッ素コーティング剤には防酸効果もあるため、電池電解液や硫化水素などからも、きちんと保護してくれます。このように、フッ素コーティングには様々なメリットがあるため、コンフォーマルコーティング剤を使用するのなら、フッ素系の物がおすすめです。

煙突からの煙

コンフォーマルコーティング剤はスマホなどの基盤に使われる事もある

製造業で重宝されるフッ素コーティング等のコンフォーマルコーティングはスマホなどの基板に利用される事もあります。全てのスマホの基板にコンフォーマルコーティング剤によるコンフォーマルコーティングが施…